もし勃起しなかったら

女性と男性は死ぬまで理解しあうことができない。という人がいるくらい考え方が違います。同時に、体の仕組み機能も大きく異なっています。たとえば、ペニスが硬くなる、硬くならないです。

 

まずは様々な環境の種類から考えてみます。

 

年齢的に拭けると硬くならない。
一人エッチの時には硬くなるが、女性だと硬くならない。
特定の女性だと硬くならない。
回数は一人一人、みんな違う。
それまで語ったのが、突然グニャグニャになってしまう。
女性にいじめられると柔らかくなり、男性がいじめる立場だと硬くなる。

 

この6つのケースがあります。最初のケースで勃起できないのであれば、女性も納得するしかありませんが、そのほかのケースでは女性にはなぜそうなるのかわからないものです。

 

男性の気持ちから分析してみましょう

 

男性の気持ち

女性の前位に行くと緊張して、血液がペニスまで回らない。
あまりに女性が美しいなど、男性の地位が低いと縮こまってしまう。
行為中、自分の好きなタイプでないと考えた瞬間に冷めてしまう。
男性は基本的にはサドだが、まれにマゾもいる。

 

男性のペニスが硬くならないと、女性は不満を爆発させ、自分は愛されていないのではないかと不安に思ってしまいます。それより前に、この4つのケースに相手の男性が当てはまっていないかを確認しましょう。

 

女性が早くペニスを勃起させるために、慌てて手でこすったりしても、その原因を取り除かなくては、勃起させることはできません。

 

まずは、抱き合いながら、楽しい会話をしましょう。抱き合うと、女性の温かい体で、彼の血液循環が良くなり、そこに楽しさが加わると、緊張が解けていきます。
次になるべく電気を暗くして、女性の美しさを隠し、男性のコンプレックスを見えないようにしましょう。
女慣れしている男性になると、わざと電気を明るくして女性を恥ずかしがらせ、自分の興奮を高めます。ペニスで女性の顔をたたき、こすりつけて女性を困らせますが、これで中高年の男性たちのペニスは硬くなります。

 

しかし、若い男性の場合には、そういう行為で興奮が高まるということは少ないです。

 

勃たない男性を考える

 

勃たない男性

女性はあくまで、男性が希望するタイプになりきることです。娼婦のようなサービスを求めるなら、そうした方が男性は興奮して強く勃起します。

 

反対に初々しく、恥ずかしげにする方が、安心するタイプの男性なら、そうするように努めましょう。

 

フェイクという「イッたふり」はよくありませんが、行為中は常に、男性が望んでいる女性増に近い女に変身することです。女性は基本的に欲望が強いので、「もっと、もっと」となりがちですが、相手によっては「もういっぱい、満足です。」という信号を発した方が喜ぶ男性もいます。

 

何回かデートを重ねた後で、ホテルに入ったという時には、すでに会話やペッティングで男性の性嗜好、趣味がわかっているはずですが、これが全くの初めての相手だと、マゾかサドかさえもわかりません。

 

男性も女性も全員、軽いサド(加虐)かマゾ(被虐)の性嗜好があるものです。簡単な例では、どうしてもおしりを突き出せない女性は、軽いサドで、反対にお尻を自分から突き出す女性は、そこをいじめられたい気持ちが強く、マゾの素質と言えます。

 

これが食い違うと、男性は全く硬く勃起することができません。いわゆる性の不一致です。

 

このほか、お酒を飲みすぎて勃たなくり、1週間続けたので、硬くならなかったというケースは全く心配いりません。それは誰にでも起こる生理現象ですから。

 

アルコール

さらにアルコールを取りすぎると、一時的な感覚マヒが起こることもあり、長く続くことがある男性もいます。これを応用して、道徳観念の強い、まじめなタイプの男性だったら、少し酔わせた方が硬く勃起します。

 

これは一人ひとり違うので、試してみなければわかりませんが、大人の女性であれば、これらの知識をフル活用して、自分の彼氏や恋人がどのタイプの男性であるか、できるだけ早く確認するようにしましょう。

 

勃起させるためのフェラチオは、酔っている時の方がうまくいきます。そうでないと半立ちのまま、口の中で射精してしまうことがあるからです。アルコールの作用はこのような環境の時には便利で確実にセックスまで持っていくことができるでしょう。

 

何をしても勃起しないと言うのはED(勃起不全)、これは病気です。
EDにはED治療薬が効果があります。ED治療薬の代表バイアグラは世界中の多くの男性が使用しています。また、ED治療薬のジェネリックが販売されサビトラ・タダシップ・カマグラなど安価で購入でき効果がED治療薬と同じということで人気があります。

 

ED治療薬を試してみることをおススメします。